アルバイト女性は婚活で不利?結婚しにくい3つの理由を紹介

既婚女性は、さまざまな生活状況に直面しています。アルバイトで働いている人もいます。そんな時、正社員として働きながら結婚を目指す女性に比べて不利になるのではないかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんなアルバイトの女性のために、アルバイトの女性でも結婚のチャンスを増やす方法を解説します。

アルバイト女性は結婚できない?

そもそも、アルバイト女性は婚活市場で不利な立場にあるというのは本当ですか?肝心なのは、アルバイト女性が結婚市場で不利であることを示すデータがあるということです。日本労働組合総連合会は2017年、女性1,000人を対象に、初職と結婚率の関係を調べました。

その結果、初職が正社員職の女性の約 71% が結婚しているのに対し、初職がアルバイト含む非正規の女性は 27% しか結婚していないことがわかりました。

アルバイト女性が結婚しにくい理由

さまざまな調査によると、アルバイトの女性は結婚するのが難しいと感じています。では、アルバイト女性が結婚しにくい要因は何だろうか。ここでは、アルバイト女性が結婚しにくい理由を3つピックアップして解説します。

男性も女性に経済力を求める

結婚相手を選ぶ要素はたくさんありますが、その中でもパートナーの収入を重視する人が多いです。結婚相手を探すとき、多くの女性は収入を第一に考えます。しかし、収入を重視するのは女性だけではありません。同様に、男性も女性の結婚をチェックする際に収入を重視する傾向があります。 「一家の大黒柱」という言葉に象徴されるように、まだ景気がよかった日本では、男性の収入だけで家族を養うことができました。しかし、バブル経済の崩壊やリーマンショックに代表される経済環境の激変により、男性は収入だけで家計を支えることが難しくなりました。

そのため、結婚市場では、男性もパートナーの収入を重視し始めています。そのような状況下、婚活市場では安定した収入が得られないアルバイト女性よりも、安定収入のある正社員女性の方が圧倒的に有利です。インターネット調査によると、男性の87.4%が女性に結婚後も働き続けてほしいと考えており、多くの男性が女性に結婚後も働き続けてほしいと考えています。

アルバイトに対する偏見

正社員雇用以外にも様々な雇用形態が普及しており、アルバイトもその一つです。しかし、アルバイトに対する偏見は依然として多く、アルバイト女性の結婚率が低い一因となっている。 「社会の一員としての責任を果たそうとしない」「不安定な雇用条件に満足している」「正社員になれる能力がない」など、アルバイトに対する偏見は根強い。経済的な一面に加えて、パートナーがアルバイトだと社会的に不安に感じる男性も少なくありません。

会いにくい

婚活市場でアルバイト女性が不利になりがちな理由の一つに、アルバイトは正社員雇用に比べて出会いの機会が少ないことが挙げられます。例えば人材派遣法では、派遣社員は同一事業所で最大3年間しか働くことができません。そのため、同じ職場で長く働ける正社員の女性と比べて、職場での出会いの機会に恵まれないという弱点があります。また、出会いの機会があっても、関係が深まる前に締め切りが迫ってしまうためなかなか結婚に至りません。

また、アルバイトは正社員に比べて収入が少ないことも出会いの機会を減らす要因となっています。収入が少ないと、外出や婚活パーティーに参加する機会が少なくなります。

アルバイト女性が出会う手段とは?

これまで議論してきたように、アルバイト女性は結婚市場において多くの点で不利な立場にあります。こうした弱みを踏まえた上で、アルバイト女性は婚活をどのように進めていくべきなのだろうか。

収入を安定させる

結婚市場におけるアルバイト女性の主な弱点の 1 つは、不安定な収入です。そこで収入を安定させることができれば、不利な状況を解消することができます。アルバイト女性が収入を安定させる最も効果的な方法は、アルバイトの状態から抜け出すことです。金銭面では、収入が安定しているほど婚活に投資できる余裕があり、前述のように、正社員雇用の女性の結婚率が高いというデータがあります。

結婚を除外しても、正社員への転職にはさまざまなメリットがあります。正社員になれば年収も上がり、生活水準も上がります。また、正社員は非正社員よりも福利厚生が充実しています。生活水準が上がれば、生活に余裕が生まれ、より豊かな状態で婚活に取り組める可能性が高くなります。

マイナスを補える女性になろう

だからと言っていきなり正社員になれるわけではありません。そこで、それらを補うポイントを作るというアプローチもあります。男性は、パートナーとなる女性を探すとき、家庭的な一面も重視します。家事に長けているなら、男性にとって常に魅力的です。そのため、料理や裁縫を日頃から実践し、婚活で家庭的なイメージをアピールすれば、成婚率アップが期待できます。

また、アルバイト女性のネガティブなイメージの一つに「将来を甘くみてる」「成長意識が低い」というものがあります。したがって、これらの点への対策として、頑張っている姿をアピールするのも大切。正社員雇用や資格取得に向けた勉強をしている女性は、男性からは将来の目標に向かって進んでいく魅力的なパートナーとして映ります。

出会いを利用する

アルバイト女性が職場に出会いの場が少ない場合、オススメなのがお見合いです。この方法なら簡単に登録して使える婚活アプリもたくさんあるので、職場だけでなく幅広い場所でパートナー探しができます。また、婚活アプリを利用すれば、事前に職業や年齢などの情報を登録し、それを見たユーザーからアプローチを受けることができます。そのため、アプローチがあればすぐにアルバイトの悩みは解消されます。

こうすれば、最初からアルバイトだということが伝わるので、アルバイト女性を避けたい男性からアプローチされなくなります。時間と労力を大幅に節約できます。また、婚活アプリを使えば、あなたが結婚しようとしていることが周囲に知られる心配もありません。

若くして行動する

婚活市場において、アルバイトが大きなハンディキャップであることは明らかだ。したがって、若いうちにできるだけ早くデートを開始することをお勧めします。婚活市場において、若さは成婚率を左右する非常に重要な要素です。実際、女性の年齢が若いほど、男性は彼女のプロフィールにいくつかの欠陥があっても気にしない傾向があります。そのため、成婚率を上げるためには若いうちから婚活を​​始めることが非常に重要です。

実際、正社員の方でも、20代から会社選びの際に産休の有無をチェックするなど、結婚を意識したライフプランを築いています。30代になると、結婚市場はかなり厳しくなり、年齢はコントロールできなくなります。20代のうちに付き合い始めることはとても重要です。

結婚しやすいパートナーに条件を絞り込む

もちろん、急いで結婚しても誰とでも結婚できるわけではありません。そのため、アルバイトであっても構わないと言ってくれるパートナーを効率よく探す必要があります。そのため、パートナーを選ぶ基準を絞り込みます。まず男性の年収ですが、専業主婦になることを考えると最低でも年収500万~600万円は必要です。年齢差については、結婚相談所によると男女とも5歳以内が許容範囲という声が多い。

また、男性側の年齢は37歳以上であること。年収500万円以上の30代後半の男性は、パートナーがアルバイトでも問題ない人が増えているからです。特に、30歳を迎えたアルバイトの女性は、パートナー探しの際にこの点に注目する必要があります。

まとめ

婚活市場において、アルバイトの女性は必然的に正社員の女性よりも結婚率が低くなります。しかし、アルバイトの弱点を踏まえて努力すれば、結婚のチャンスは大幅にアップします。年齢以外の要件はアルバイトであっても後から補うことができ、婚活を早めに始めることで年齢を解消することができます。アルバイトであることに過度に引け目を感じる必要はありません。