女の再婚相手は年下男性の割合が高い3つの理由!男が大黒柱の時代は終了か?

ご存じのように、昭和の結婚は、男性が外に出て収入を得て、女性が家事をするというものでした。しかし、経済情勢が大きく変化したことで、結婚のあり方も変わってきました。

結婚後共働きの夫婦も増え、夫が家にいる「主夫」という言葉も出てきました。変化し続ける結婚の性質の中で、ある変化が起こっています。

厚生労働省が人口統計に基づく「結婚」の分析結果を発表しました。今回の分析結果をもとに全結婚に占める「再婚」の割合が注目されています。

再婚率は年々徐々に上昇し続け、2015年には4組に1組が再婚。

これは、離婚の概念が変わり、一般的になり、再婚に対する意識が変わったためです。昔は、離婚は悪いことのように思われていました。

例えば、離婚したとき、人は「1回間違えた」と言う傾向があります。必要以上に謙虚になることはもうありません。

考慮すべきもう1つのポイントは、カップルの年齢差です。

両方のカップルが初婚の場合、男性は 1.7 歳年上です。両方が再婚した場合、夫は 3.8 歳年上です。夫が再婚した場合、夫は 6.7 歳年上です。ここまでは夫の方が年上でしたが、妻が再婚したときだけ妻の方が0.1歳年上でした。

つまり、夫が初婚で妻が再婚の場合、年配の妻の割合が平均的に高くなる。なぜこのような結果になったのですか?

理由1:経済的に家庭を持つ自信がない

バブル経済の崩壊とリーマン・ショックにより、日本経済は大きな打撃を受けました。格差がなく、働けば働くほど金持ちになった昭和の時代とは違い、男が多ければ多いほど将来の景気に不安を感じ、意欲が薄れている結婚する。

父の世代のように妻子を養えますか?そう思うと自信なし。

理由2:女性に叱られる…「女性は怖い」

女性の社会進出や企業での晩婚化などにより、婚期を逃した未婚女性も少なくありません。まだまだ男性中心の社会ですが、特に都心部では、男性並みに頑張っている女性もたくさんいます。

全盛期の男たちと同じように、寝不足でも机にすがりつき、軍服のようなビジネスファッションに身を包み、間近で奮闘する。並んで仕事をしていると、衝突したり、怒鳴ったり、口論したりすることがあります。

ある意味、同僚として、上司としては心強いかもしれませんが、恋愛相手として見られますか?職場環境については、ブラック企業などの問題もありますが、女性が怖いと思われているのも事実です。

やっぱり、勇気を振り絞って個性の強い女の子を誘っても、いつもの仕事でバタバタ!断られたらどうしようと考えずにはいられない。とても勇気が必要です。

実際のお見合いシーンでも、出来ている女の子と同じくらい相手の態度や条件に文句を言う傾向が見られました。そんな“怖い”初婚女性は少なくありません。

理由3:会うのを嫌がる

恋に臆病じゃないかも…?
もしかして恋に臆病じゃない?

最近の未婚男女は恋が遅い。会いに来たのに、次の一手を打てない。続行しないでください。つまり、「出会い」を無駄にしているのです。

さらに男性の場合、「恋人がいたら面倒だし、自由を失う。金と時間の無駄だ!」と考える人もいます。だから結婚はおろか恋愛にも積極的になれない。

以上の理由から、男性が女性をリードし、男性が積極的に行動する恋愛関係はなくなったようです。

再婚女性と初婚年下男性は相性がいい?

そのため、再婚した女性がパートナーとして登場します。

結婚したことがある人は、「結婚」が何を意味するかをよく知っています。その「結婚」は憧れではなく「命」。

そして、彼らは「結婚」から多くのことを学んだので、夫になる男性に引っ張られることを望んでいません。男性に主導権を握ってほしい、エスコートしてほしい、デートを企画してほしい、接待してほしいなど、昔から恋に憧れていた女性は少なくありません。

そもそも、離婚を決意したときに自立を決意した女性が多いため、家庭内の経済を常に夫に頼っているわけではありません。

そして何より「結婚生活」で培った「男を抱く寛容さ」。これまでの結婚相手や結婚生活を振り返り「次はこうしよう、あれしよう。ここは妥協すべきだったけど、ここは妥協できない」。女性だからこそ、「夫になる男性」の本当の良さを、ありとあらゆる方法で見つけ出そうとします。収入や肩書などの一般的な条件だけでなく、仕事に対する前向きな姿勢、責任感、誠実さ、家事の上手さ、家庭や家族への配慮、優しさなども含まれます。

結婚や恋愛に積極的でなかった初婚男性が、そんな再婚女性に出会えたらどうでしょうか?と結婚に進むと考えられているということです。

まとめ

男性は結婚を恐れていますが、離婚した女性にとっては朗報ではないでしょうか。 年下の未婚で未婚の男性が再婚相手になる可能性は十分にあります。 「壊れたから…」という昭和脳みそを捨てて、自信を持って結婚してください。

離婚して覚悟はできているが、一生一人で暮らせるか不安な女性がいるなら、心配するよりも周りをよく見てみましょう。

でも! 上記3つの条件をクリアする必要があります。 仕事も家計もある程度自立し、家計を支えられる妻を目指し、家庭の「怖い女」を捨て、結婚経験を活かして夫を優しく支えられることが条件です。