婚活でモテる男は年収500万以上!300万以下の男はどうする?逆に800万の人は余裕なの?

30代は家族を持つ人が増え、自然と結婚を意識する時期です。特に子供が欲しい人は、結婚を真剣に考え始めます。

30代で結婚をためらう人もいるかもしれませんが、30代の未婚率は高く、2~3人に1人が未婚というデータもあります。 30代から婚活を​​始めて結婚する人も珍しくありません。

しかし、30代後半になると急激に成婚率が低下するため、結婚のコツは早めに婚活を始めることと言えます。

1. 婚活市場で求められる男性の年収は?

まずは婚活女子にモテる男性の年収を把握しておきましょう。

大手マッチングアプリの調査によると、人気の年収は「600万~800万円」でここ数年安定している模様。女性としては、高望みすぎて相手の選択肢を狭めるよりも、ある程度働いて安定した家庭を一緒に築きたいという気持ちが垣間見えます。また、現状の不安定さを感じたのか、年収400~600万円の男性を求める女性も増加傾向にあります。先行きの不透明な社会情勢の中で、現実的に達成しやすい理想のラインが低くなる傾向にあります。

2.年収500万円以上の男性がモテるボーダーライン! ?

さまざまな婚活サービスを展開するIBJの調べによると、年収800万円はまだまだ人気。他の条件が同じでも、年収400万円の男性の約4倍のプロポーズがあるというデータがあります。やはり、年収が高い方が結婚に有利であることは変わりません。

しかし、現実には、婚活世代の男性で年収800万円以上の人は稀です。同調査では、年収が上がるとプロポーズ数が増える境界線も示されている。目安は年収500万円。この程度では、野心的すぎるとは思いません。

しかし、実際に年収500万円の男性は何人いるでしょうか?

令和元年の全世代平均年収は「436万円」。さらに、20代の男性で年収500万円以上の人はわずか11%。 30代前半でも28%、30代後半では44%と過半数を超えていません。

年収500万円がギリギリの男性は、婚活市場で大多数の男性を排除する可能性があります。日本はまだまだ年功序列文化が根強く、若い世代は年収を上げることが難しいのが実情です。そのため、年収500万円以上の男性はお見合いの申し込みが多い傾向にありますが、年収500万円未満の男性でもアピールポイントをうまく作れば成婚することができます。

3. 年収別!男性が結婚するためのヒント

結婚を目指す上で、男性がとるべき戦略は年収​​の範囲によって変わってきます。良いプロフィールを作成し、断られないようにするための重要なヒントと、人気のある高収入の男性がプロポーズの洪水から適切なパートナーを見つけるための重要なヒントを次に紹介します。

①年収300万円以下

まず、年収300万円以下の男性の場合。この場合、専業主婦を希望する女性とのマッチングは難しいことを考えると、共働きOKな女性、特に自分のキャリアを築きたい女性に目を向けた方が戦略的に良いでしょう。 . .

キャリア志向の女性は、自身の年収が高いため、パートナーの年収をあまり気にしない傾向にあります。主夫とまでは言いませんが、自分のキャリアをサポートする意思を示してくれると嬉しいです。

また、年収は低くてもしっかり貯蓄しているのも魅力の一つです。

②年収400万~600万円の場合

年収400万円以上の女性にとって、女性が希望する平均年収を満たすことは圧倒的なアドバンテージであり、切り捨てられにくい。また、若い方はさらに年収アップが見込めますので、より有利になります。

この範囲の方には、婚活で出会う女性への気遣いや清潔感などのマナーに気をつけながら、積極的にアプローチするスタイルがおすすめです。

③年収600万円~800万円の場合

先ほど、年収500万円が「モテ」の境目だと言いました。したがって、注意したいのは、自分自身に高い期待を設定することです。アプローチはいろいろありますが、婚活で重要なのは2人の相性であり、短期決戦が多い婚活では第一印象が良くないと交際が難しくなりがちです。

年収のある男性は、アプローチの数に甘んじることなく、相手にとって良きパートナー候補となれるよう、身だしなみや話し方など、自分自身を磨くことを忘れないことも大切です。

④年収800万~1000万円の場合

年収800万円以上の男性はどの世代でも珍しいので、積極的に動いていなくてもかなりの数の女性からアプローチされます。そのため、自分で「選ぶ」という視点に陥りがちなのが落とし穴です。この年収の範囲では、相手の条件を気にしすぎて婚活を長引かせがちな男性が多いようです。

アプローチする人が多いので、相性や気持ちが大事。結婚生活が長続きするためには、お互いに快適で、似たような人生計画を持つことがより重要です。

男性の年収が高ければ高いほど、戦略よりも「条件に過度に制約されない」という考えを心に留めておくことが重要です。

まとめ

確かに年収が高いことは大きなアドバンテージですが、やはり結婚に至るのは夫婦の相性です。 仕事が好きで頑張っているのに年収が低い人もいれば、年収は高くてもハードワークのストレスでなかなか一緒に過ごせない人もいます。

結婚後のライフプランを考える上で、お金はもちろん大切ですが、お金と同じ価値観を持ち、気楽にリラックスできる相手を求める人は多いです。

「私は男だけど彼女より給料が少ない…」など、年収を気にしすぎなければ、積極的に働くことで結婚の結果は変わってきます。 重要なのは、前向きな姿勢を保ち、自分にぴったりの人を見つけることに集中することです。 これはいくらお金持ちになっても変わらない大切なスタンスです。