婚活の希望と現実のミスマッチ…年下と結婚したい男・高収入や年下と結婚したい女

ご存知のように、男性も女性も年齢を重ねるにつれて結婚が難しくなります。

真剣に結婚を考えている独身者の多くが結婚相談所に入会していますが、結婚相談所に入会すれば誰でも結婚できるというのは誤解です。

運命的な出会いもありますが、一般的には理想を追い続け、時間がかかるだけで結婚に至らない人が多いです。

婚活を成功させるためには、まず理想と現実のギャップに気づくことが大切です。

次に、そのギャップを埋める方法を考えます。

婚活における希望と現実のミスマッチ

男性は若い女性と結婚し、女性は年上の男性と結婚する傾向がありますが、男性は年をとるにつれて、自分よりかなり若い女性を求める傾向があります。

30 代前半は 2 ~ 3 歳下、30 代後半は 3 ~ 4 歳下、40 代は 5 ~ 7 歳以上の若い女性を求めています。

スペックの高い男性なら何歳でも若い女性と結婚できるかもしれませんが、平均的な男性が10歳年下の女性と結婚できる確率は非常に低いです。

女性の場合、男性の条件として高収入を挙げている人が多いですが、高収入の男性は自分より年上になりやすいので注意が必要です。

多くの女性は、2歳から5歳年上の男性と結婚したいと考えています。

若い男性も結婚にあまり熱心ではありません。

結婚相談所に入社する男性の多くは、仕事がある程度落ち着いた35歳以降です。

したがって、若い女性は、平均よりも稼いでいる同年代の男性と結婚する可能性が低いという現実を認識する必要があります。

結婚の理想と現実をどう満たすか?

男女ともに、理想の年齢差と実際に結婚できる年齢差には大きなギャップがあることがわかりました。

このミスマッチが、結婚相談所に入会してもなかなか結婚できない大きな理由となります。

結婚を目指すなら、まずこのギャップに気づき、そのギャップを乗り越えて結婚するにはどうすればいいのかを考えることが大切です。

年齢差のある相手とのジェネレーションギャップは当然です。

考え方の違いもあるでしょう。

まずは、そのようなギャップがあることを正しく認識し、お互いをよく理解する方法を考えることが重要です。

同い年なら呼吸で分かることもありますが、年の差が大きいほど、言葉ではっきりと伝えることを意識する必要があります。

何も言わずに人々があなたを理解してくれると期待しないでください。

「考え方の違いは自分で埋める」という意識が必要ではないでしょうか。

年下女性と結婚したい男性へ

男性が若い女性と結婚したいのであれば、経済力が重要な鍵となります。

年収 500 万円の男性が 2 人いて、1 人が 30 歳、もう 1 人が 50 歳の場合、ほとんどの若い女性は前者を選択します。

つまり、経済力が同じなら若い男性が有利ということになります。

しかし、年収1000万円以上の50歳の男性はどうでしょうか。

これだけの収入があれば多少の年齢差はあっても若い女性にアピールできます。

もちろん、すぐに収入を増やすことは簡単ではありませんが、経済的余裕がなければ若い女性と結婚することは難しいことを知っておく必要があります.

高収入や年下男性と結婚したい女性へ

女性の場合、希望する結婚相手との年齢差は年齢に関係なくあまり変わりません。

2歳から5歳年上の男性と結婚したいと考える人は少なくありません。ただし、男性に経済力を持たせたいのであれば、年齢差の大きい年配の男性を許可しましょう。

あなたが20代から30代の女性で、自分よりもはるかに高収入の男性が欲しいのであれば、思い切って男性との年齢差が10歳以上であることを受け入れる必要があります。

年下の男性と結婚したいという女性もいます。

その場合、女性は若々しい外見を重視する傾向があります。

善悪はともかく、年齢に関係なく若々しさを保つ努力が必要と言えます。

まとめ

これは特に男性に当てはまりますが、年をとるほど、結婚したい相手との年齢差が大きくなります.

しかし、理想に固執していると、現実の結婚は難しくなるだけです。

ギャップを求めるだけでなく、ギャップを克服するために努力する必要があることを認識してください。