自分を愛せないと誰も愛せない?嫌いな自分を好きになる方法を解説

幸せな恋愛をするためには、まず「素敵な人に出会うこと」や「恋愛テクニックを駆使すること」ではありません。
「自分を好きになる」ことが何よりも大切です。

なぜ憎しみを正さなければならないのですか?それは自分を愛さなければ、他人を本当に愛することはできないからです。これは、あなたが懸命に努力して得た愛を破壊する可能性があります。

自分を嫌いな人は、自分を肯定できないから自分を受け入れられない。しかし、誰もが肯定され、受け入れられることを望んでいます。そのため、恋人がいると必要以上に相手に求めてしまいます。

そのため、付き合ううちに心が不安定になり、辛い思いを恋人にぶつけたり、相手に迷惑をかけたり、関係が壊れてしまいがちです。

逆に、自分が好きな人は、そのようなパターンに陥りにくいです。それは、自分を肯定できて心が安定しているため、必要以上に相手に認められようとしないからです。
例えば恋人に指摘されたら、それを否定するのではなく、「それもそうだな」と思って、簡単に欠点を直そうとします。

それは、「自分に弱点があっても、それ以外の面では強みがあるから大丈夫」という自尊心があるからこそできることです。逆に、自分が嫌いな人はダメでしょう。
その結果、普段は自己肯定感の高い人が自分の欠点を克服し、恋人との絆を深めることができます。

つまり、相手に受け入れられようとする前に、自分をきちんと受け入れることができることが大切であり、そのためにはまず自分をしっかりと愛さなければなりません。です。自分が嫌いだと、自分を受け入れることができなくなります。

では、自分を好きになるにはどうしたらいいでしょうか?

嫌いな自分を好きになる方法とは?

「自分を好きになる方法」は「自分を嫌いにならない方法」でもあります。では、自分を嫌いにならないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

それは「自分を憎まないように行動すること」です。

例えば、保身のために誰かを傷つけたり、卑怯な真似をしたりすると、心の奥底にある「本当の自分」が自分を責め、罰を与えます。つまり、自己嫌悪に陥ります。その結果、どんどん自分を嫌いになっていきます。

例えば、嫌いな人がいても、意地悪をしてしまうと、すっきりするどころか、少し不安になりますよね。あなたがよほどサイコパスでない限り、人は常に良心を持っています。
一方で、嫌いな人がいても、その人に接しなかったり、上手に接することができたりすると、「大人になった」と自分を褒めたくなります。もっと好きになる。

「自分を好きになる方法」とは、結局のところ「自分を褒めたくなるような行動をすること(=自分を好きになるための行動)」です。

それでも、自分自身を嫌う人は、自分を嫌うようにしか行動しません。だから、そんな自分を誇りに思うことができず、ますます嫌いになった。だから悪循環ですよね?

そんな人に知っておいてほしいことがあります。それは、自分自身を最も傷つける力を持っているのは自分自身だということです。自己嫌悪はあなたを最も傷つけ、傷つけるものです。

誰かがあなたを傷つけようとしても、無視し、あなたを傷つける力を与えないでください。極端に言えば、フラれても「そんなに大した男(女)じゃなかった!」と思えばそれだけ。
逆に、運命の人と縁を切ってしまったと思うと後悔し、相手を傷つける力を持っています。

つまり、あなたはいつも何を考え、どのように感じていますか?私に影響を与えています。だからこそ、自分を好きになることが大切で、自分を好きになるためには、まず自分を嫌いになるような行動をしないことが大切です。

それでも「自分はそう簡単に変えられない!」と思う人もいるかもしれません。その場合、試していただきたい方法があります。

自分を好きにいなるには環境や人間関係から変える

自分を変えたい時にスムーズにする方法の一つが、環境を変えることです。

人は周りの人の影響を受けて生きています。
例えば、親元を離れたことがなく、実家暮らしをしている人は、親の影響を受け続けていることがよくあります。親の意見は、大人になっても、親が「ダメ」と言えば、子どもも「ダメ」と思うほど、大きな影響を与えます。

そのため、「一人暮らしを始めて、本当の自分になった」という人が多いです。基本的に子供は親を悲しませたくない、みな親がしたいことをしたいと思います。

しかし、それは本当の「自尊心」ではありません。これは、親に刷り込まれた一連の値であることが多いためです。

人々は職場によっても影響を受けます。例えば、「結婚して子育てしないと大人になれない」「結婚しなければ大人になれない」など、残念な価値観を持っている人が職場にたくさんいれば。あなたは人として不完全と言われてしまいます。  当然影響を受けますし、結婚しないことにコンプレックスを抱いたり、焦ったりすることもあるでしょう。

さらに、「利益のためならいい、人を引っ張っても構わない」という価値観に基づく企業文化であれば、悪いと分かっていても人を不幸にさせるのは当たり前。
そんな時、私たちは「この会社で生き残るにはこれしかない」と会社を認めて自分を正当化してしまいがちです。知っている。だからこそ、自分を責めて苦しむ。

また、田舎に住んでいれば隣人の価値観に影響されることもあれば、都会に住んでいても親しい友人から影響を受けることもあります。

ですから、自分が嫌いで変わりたいと思うなら、環境や人間関係を変えるのが一番手っ取り早い方法です。逆に言えば、自分が変わると周囲で浮くから変えられない。環境や人間関係が大きく影響します。

自分自身を愛すれば他の人を愛することができます

自己嫌悪を克服するためのヒントをいくつか紹介します。
基本的に、持っていないものを与えることはできません。たとえば、お金や物がなければ、人にあげることはできません。

それと同じように、自分を愛していない人は、自分自身を十分に愛していないので、真に人を愛せる段階にまだ達していません。そのため、自分の愛の不足を補うために、必要以上に他人に愛を求める傾向があります。それでは、幸せな関係を築くことは難しくなります。

最終的には、自分のためにできることは、他の人のためにできるようになります。自分を許すから、人を許すことができます。自分を信じているから、人を信頼できます。自分を愛しているから、人を愛することができます。

良い人間関係を築くためには、まず自分を愛することから始め、自分の中の愛の量を増やし、大切な人に愛情を注げる人間になりましょう。