高学歴女子はモテない?男女お互いが求める理想像とパートナーの選び方を解説

婚活市場では、「高学歴の女性は結婚しにくい」という意見を時々耳にしますが、本当でしょうか?有名大学や大学院を卒業した高学歴女子の中には、学歴のせいで結婚がうまくいかないのではないかと心配する人もいるかもしれません。そこで、高学歴女性が陥りがちな婚活の悩みを分析し、婚活をスムーズに進めて結婚しやすくするためのアドバイスを行います。

1.高学歴女子がモテない理由とは?

「高学歴女子はモテない」とよく言われますが、そう言われるのには以下の理由があります。まず、高学歴というだけで、男性からは「プライドが高い」「近づきにくい」というイメージを持たれがちです。親しみやすさが欠けているため、彼らと話すのが難しいと感じるかもしれません。特に、学歴にコンプレックスを持つ男性は、高学歴の女性を敬遠する傾向にあると言えます。女性自身は相手の学歴を気にしなくても、男性は劣等感を持ち、話しかけたり誘ったりするのが苦手な傾向にあります。

また、男性は相手の女性が自分より頭が良くて稼いでいると知って劣等感を覚えます。多くの男性は、自分よりも学歴も収入も低い女性を好む傾向にあります。逆に、高学歴の女性は、自分より高学歴で高収入の男性を求める傾向にあります。しかし、高学歴女性が自分よりスペックの高い男性を見つけようとしても、そのような男性が少ないために相手を見つけるのが難しい傾向にあり、高学歴女性が不人気と言われる一因となっています。それは1つです。

以上のことから、高学歴女性は高学歴であるだけでなく、職業、年収ともにスペックが高いことが多いため、あらゆる面で自分よりスペックの高い男性を探そうとすると出会いが限られてきます。高学歴女性自体が魅力がないわけではありませんが、婚活市場の需給バランスが高学歴女性の結婚を難しくしていると言えます。結婚を控えた高学歴の女性は、この点に留意する必要があります。

2.男性が求める女性像とは?

高学歴女子が男性にモテるためには、男性がどんな女性像を求めているのかを知ることが重要です。まず、男性は若くてきれいな女性を好む傾向にあります。多くの男性は「結婚=子供を持つ」という考えを持っているため、女性が若く、子供を持つのに安全な年齢ではないことに不安を感じる男性は多い.若い女性をパートナーとして求める男性の欲求は、子孫を残したいという人間の本能によるものと言えます。

一方、高学歴の女性は、社会人になってからもキャリアアップに力を入れることが多く、結婚を考える時期には晩婚化が進んでいることが多い。ですから、できるだけ安全に出産するためにも、日頃から食生活や健康に気を配り、若々しい体を維持するように心がけてください。また、優しくて素直で優しく、一緒に癒されたり落ち着いたりできる女性が人気です。そのため、普段は会社で頑張っている高学歴の女性であっても、男性の前では笑顔を心がけ、焦りすぎないように気をつけてください。もちろん、男性とイチャイチャする必要はありません。優しく穏やかな態度で接するだけで、とても良い印象を与えることができます。

また、料理など家事が得意で子供好きな家庭的な女性も人気です。男女平等が叫ばれる中にあっても、「結婚したら主に家事は女性にやってもらいたい」と考える男性は依然として多い。実は夫婦で家事・育児を協力して行っても、家事スキルを磨いて損はありません。プロである必要はありません。男性にさりげなくホームサイドを見せる準備をしてください。

3. 高学歴女性が求める男性像とは?

男性が望む理想の女性像とは別に、高学歴女性自身が望む男性像を整理することで、結婚に望むターゲットを絞り込むことができ、結婚に向けて取り組みやすくなります。まず、高学歴女性の多くは、自分よりもスペックの高い男性を結婚相手に求める傾向にあります。高学歴の女性の中には「自分より学歴や収入が低くてもいい」と思っている人もいますが、その割合は低いのではないでしょうか。また、高学歴の女性の中には、比較的年収の高いパートナーを見つければ専業主婦になりたいという人もいます。年齢については、年下でも年上でもあまり離れていないほうがいいという高学歴女性が多い。

一方、高学歴の女性の中には、結婚後も働き続けたいと考える人もいます。そんな彼女は、自分の仕事を理解してくれる男性を求めています。共働き夫婦の場合、高学歴の女性は、家事や育児を夫婦で公平に分担したいと考える人が多い。

4. 高学歴の女の子はパートナーの学歴を気にしますか?

高学歴の女性は、男性と同じかそれ以上の学歴を求める可能性が高くなります。高学歴の女性ほど、パートナーの学歴に注目しやすい。結婚相手として優秀な相手を求めるという意味があります。それは「理解者がいる方がいい」という高学歴女性の本音でもある。そのため、多くの女性は自分より学歴の低い男性を敬遠します。

その中には、男性自身だけでなく、両親や兄弟の学歴を気にする高学歴の女性もいます。一方で、女性自身が男性の学歴を気にしていなくても、女性の親が学歴の低い男性との結婚に反対するケースもあります。また、表面上は相手の学歴を気にしていなくても、学歴の差がありすぎると、一緒にいても会話や価値観がうまくいかない場合が多いです。学歴や職業に加えて趣味や価値観が合うのもいいですが、そうでない場合は学歴の差があまりない方が楽です。

5.高学歴女子が成婚に導くポイントとは?

高学歴女子が婚活・婚活を成功させるためには、押さえておきたいポイントがあります。では、何に注意すればよいのか見ていきましょう。

ハードルを下げることも重要

高学歴の女性の多くは、自分より学歴や年収の高い男性を求める傾向にあります。しかし、そうなると対象の男性が減ってしまうので、結婚はさらに難しくなってしまいます。一方、高学歴の男性の多くは、女性に高学歴や高収入を期待していません。代わりに、年齢、外見、性格に焦点を当てます。このように、高学歴の女性と高学歴の男性では理想の結婚相手のイメージにギャップがあり、需要と供給のバランスが崩れて出会いが減る傾向にあります。したがって、男性との出会いのチャンスを増やしたいのであれば、高学歴の女性自身がパートナーに求めるハードルを下げることが重要です。

相手にある程度の学歴や社会的地位を求めるとしても、譲歩できる最低限のレベルを考えておきましょう。また、学歴にこだわる場合でも、なぜその学歴が必要なのか、本当にその条件が必要なのかをよく考えた方が条件を絞り込みやすくなります。その中には、高学歴であっても社会人としての素質があまりない男性もいます。一方で、低学歴でも社会で活躍している男性もいます。 「高学歴・高収入・独身男性」は非常に少なく、出会える機会が少ないことを理解し、結婚相手に求める条件を考えることが大切です。

活動場所の絞り込み

当面、オンラインお見合いやお見合いパーティーを手当たり次第に利用して、男性との出会いを増やすのは得策ではありません。高学歴女子の婚活では、待ち合わせ場所の絞り込みも重要なポイントです。まず第一に、男性は高学歴の女性であるという理由だけで、オンラインの出会い系サイト、アプリ、およびパーティーを敬遠する傾向があることに留意することが重要です.さまざまな年齢や職業の人が自然に参加するオンラインお見合いや婚活パーティーは、学歴に関係なく若い女性が集まる傾向にあります。また、高学歴の女性から見ると、その条件を満たす男性は少ない可能性が高いです。

高学歴女性が結婚相手を探す上で重要なのは、学歴や容姿だけで判断するのではなく、価値観やライフスタイル、結婚後の展望などに見合った相手を見つけることです。したがって、高学歴の女性は、オンライン婚活や婚活パーティーで多くの男性から選ばれたり選ばれたりするよりも、1対1のお見合いに適していることがよくあります.そのため、登録者の身元や条件がしっかりと保証されている結婚相談所でじっくりと相手を探す方が適しているかもしれません。婚活パーティーを利用する場合は、1対1で長時間話せるタイプを選んで参加しましょう。

6. 自分が納得できるパートナーを選ぼう!

どんなに高学歴の女の子が相手を見つけるのが難しくても、最後は諦めずに満足できる相手を選ぶことが大切です。納得のいかない相手と無理やり結婚しても、長い結婚生活が辛く苦しいものになってしまっては意味がありません。高学歴女子をマイナスに考えるのではなく、自分の魅力の一つと捉えて上手にアピールしていきましょう。まず、高学歴の女性が多く安定した収入を得ているという事実は強力な武器です。定年退職後も安定した収入が見込めるなら、老後の不安で結婚を焦る必要はないので、落ち着いて結婚相手を選ぶことができます。

また、自分より収入の少ない男性と結婚しても、妻の収入で夫を支えられるのは大きな強みです。高学歴の女性に劣等感を抱く男性が多いのなら、それを逆手に取り、女性の収入が安定した結婚生活につながり、男性が安心できることをアピールすべきだ。また、その場合は、仕事による高収入と引き換えに夫に家事を分担してもらうなど、バランスの取れた結婚生活を送ることができます。

まとめ

高学歴の女性はモテないとよく言われますが、一方で「将来のパートナーは優秀な女性の方がいい」という男性もいるのも事実です。ですから、高学歴女子は諦めず、自信を持って魅力をアピールすべきです。