「嫌いじゃないけど好きでもない」の男性心理8選!実際に言われたときの対応も解説

「嫌いじゃない」このフレーズだけでは明確な意味がわかりません。

特に好きな男性から言われたら、もっとショックを受けるでしょう。

この記事は、「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言われるのが苦手な女性や、好きじゃないと言われたらどうしたらいいかわからない女性に向けた記事です。

パートナーとの接し方に悩んでいる方は参考にしてみてください。

「嫌いじゃないけど好きじゃない」の意味

実は嫌いじゃないけど、嫌いの意味は人それぞれ。

とても曖昧な言葉で、相手が何を言おうとしているのかを理解する必要があります。

まずは「嫌いじゃないけど好きじゃない」の3つの意味を見ていきましょう。

1.実は好き

「嫌いじゃないけど好きじゃない」と遠回しに好きだという気持ちを伝える男性もいます。
プライドの高い男性は、ストレートが好きと言うのが特に恥ずかしいです。

好きだということを友達に知られたくない場合もあるので、好きじゃないけど好きじゃないと言うかもしれません。

好きな人がいると「嫌いじゃないけど~」と何度も言いたくなりますよね。

2.好きでも嫌いでもない

好き嫌いがなく、言葉の意味がそのまま使われている場合もあります。

その人をまだ深く知らないのであれば、好きか嫌いかを判断するべきではないと思うでしょう。
あるいは、相手の女性に興味がなく、好き嫌いの感情がないのかもしれません。

本当にフラットな視点で相手の女性を見ていると言えます。

3.実は嫌い

実は嫌いという意味で、「嫌いじゃないけど好きじゃない」という意味にもなります。
好きじゃないことを直接相手に伝えるのは簡単ではありません。

だから、あなたを傷つけないように、嫌いな気持ちを伝えるために「嫌いじゃない」という言葉を添えることもあります。

告白をそっと断るのにも使えます。

「嫌じゃない」と言う男性心理

「嫌いじゃないけど好きじゃない」には、女性が思いもしない真相が垣間見えます。
考えられる男性心理を詳しく見てみましょう。

マンネリと疲労

カップルの場合、退屈や退屈で「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言っている可能性もあります。

別れたくはないかもしれませんが、正直に言って大好きではないかもしれません。

かなり傷つきますが、すぐに別れるつもりはない場合も多いので、ネガティブにならないでください。

嫌いとまではいきませんが…

嫌いとまでは言いませんが、何か合わないと感じているのかもしれません。

例えば、自分はいい人だと思っているけれど、価値観が合わない。
ひっかかるものがあって、好きじゃないという場合もあります。

彼とまだ付き合っていない場合は、割り切ってきっぱり次の人を探すことをお勧めします。

好きって言うのが恥ずかしい

好きって言うのは恥ずかしい、「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言って照れ隠しの可能性も。

多くの男性は、恋に落ちるのを恥ずかしく思っています。

「あなたは私のことが好きですか?」と聞くと、「嫌いじゃないから一緒にいるよ」とひねくれた答えを返す。

まだ愛せる要素がない

付き合う前は「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言う男性もいますが、それはあなたを好きになる要素がまだ見つからないからです。

この人と付き合いたくなるような決定打がないと、なかなかはっきり好きと言えません。

相手の女性に大きな魅力を感じないと、好きでも嫌いでもない状態になってしまいます。
告白を控える男性は、同様の考え方をする傾向があります。

やっぱり好きじゃなかった

デートをたくさんしても、やっぱり好きじゃないという心理が隠れているのかもしれません。

好きになれると思って距離を縮めたけど、好きになれなかったのは仕方ない。
ただ、人としては好きである可能性が高く、異性としては嫌いという意味かもしれません。

もし彼が「嫌いじゃないけど好きじゃない」と思ったなら、最初は彼女を好きになる努力をしたに違いない。

高すぎる理想の恋

恋愛の理想が高い男性は「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言いがち。

彼がロマンチックな理想から少しでも逸脱した場合、彼は簡単に好きとは言いません・

途中まではよかったのに、やっぱり違うかなと嫌がる男性が意外といるんです。

幻滅まではいきませんが、もしかしたら嫌なことをしていたのかもしれません。

都合よく付き合いたい

都合のいい関係を築きたいという心理から、「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言い続けることがあります。

この場合、男性があなたと付き合うために動いてくれる可能性は低いので、セフレなどの肉体関係に発展しないように注意しましょう。

離れるべきか悩んでいます

「別れよう」と素直に言えない男は、「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言うかもしれません。

つまり、人としては好きだけど、恋人としてはもう好きじゃない。

彼の冷たい心を取り戻せなければ、2人の恋は終わってしまうかも。

男性に嫌いじゃないと言われたらどうする?

最後に、心の中にいる男性に嫌いではないけど…言われた場合の対処法を紹介します。

徐々に距離を縮める

「嫌いじゃない」という言葉には、好き嫌い両方の意味があるので、彼との距離を徐々に縮めていきましょう。

夫婦なら、どうすれば疲労回復できるかを考え、あわてずに行動しましょう。

お互いに少しずつコミュニケーションをとることで、嫌いではなく好きに変わるかもしれません。
嫌だと言うと不安で焦る気持ちはわかりますが、落ち着いて行動してください。

落胆しないで、前向きに行動してください

嫌だと言われてもがっかりせず、前向きに行動してください。

「嫌いじゃなくてよかった」と笑顔で話せば、男性はあなたのことをもっと好きになり、あなたの優しいリアクションに男性は癒されます。
ネガティブだと雰囲気が悪くなって彼が離れてしまうこともあります。

「嫌だと言われるよりはマシ」というスタンスで臨むことで、不安が軽減されるのでおすすめです。

彼を責めない

「嫌いじゃない」などの漠然とした言葉にイライラしたときに「はっきりしろ」と批判するのはNGです。
相手に聞いても、いい返事は返ってきません。

そして「嫌いじゃない」という言葉が今の彼の本心なのかもしれません。

男性の気持ちを尊重し、受け入れることで、二人はより良い関係を築きやすくなります。

脈があれば大胆な言葉を言う

脈あり雰囲気がある場合は、大胆な言葉を言ってみてください。

「それでいいの?」と、一気に二人の距離を縮めることができます。
相手の本音を聞きたいなら、あなたから率直な質問をしましょう。

まとめ

「嫌いじゃない」と言うとネガティブな気持ちになるかもしれませんが、必ずしも悪いことばかりではありません。

ただ気持ちを隠しているのかもしれません。

しかし「嫌いじ​​ゃない」と言われて別れるんじゃないかと不安になりますが、よくわからない態度だからといって、すぐにあきらめる必要はありません。

彼の冷たい気持ちを取り戻したい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。