ネット婚活女性の悩み。サイトやアプリで「すぐ会いたがる男性」が謎

タブレットを触る男性
匿名希望さん

匿名希望さん

顔写真も設定してない私に、まだメールの交換が2通目なのに、「いつ会えそう?」と聞いてくる男性が多すぎます。

積極的に誘ってくれるのは喜ばしい限りですが、あまりにも早すぎます。

ネット婚活ではこのスピード感が普通なのでしょうか?

私がついていけてないだけなの?

相談できる人がいないので、自分を客観視することができず困っています。

ネット婚活ですぐ会いたがる男の心理と対処方法

ジュリ子

ジュリ子
数週間メール交換して、

2人の距離がホカホカに温まったところで、全く誘われないのも女性として辛いですが、

さすがに2通目は非常識だと思った方が良いでしょう。

ロビ男

ロビ男
男性の立場として

「すぐ会いたがる」

という心理について解説させて下さい。

はじめから遊びで真剣に婚活していない可能性

相手を信じていないと婚活も恋愛も成り立ちませんが、疑う気持ちも最低限もつべきです。

婚活サイト等で知り合ったばかりの男性が「会いたい」と誘うのは、この場合相手は真剣ではないかもしれません。

端から目的は結婚相手探しではなく、誰でも良いから出会いたいと思っている男性です。

そのためには「数撃てば当たる」の精神で、1日で数百人の女性ユーザーに同じメール内容を送信しています。

合理主義が行き過ぎているのかも

婚活ですぐ会いたがる人が、必ずしも全員が遊び目的とは限りません。

中には「ネット婚活を合理的に考えすぎてしまう男性」もいるでしょう。

 

「会うなら早い方がいいよね」

「会ってやっぱり違う!ってなった場合メールしてた時間がもったいなくない?」

 

婚活を合理的に考えだしてしまうと、会うのは早いに越したことはないのかもしれませんが。

メール交換開始早々など、あまりにもすぐ会いたがるのは、

女性の気持ちを汲み取れていないので、会ったとしても良い男という確証は持ちにくいです。

素直に「なぜ会いたいの?」と理由を聞いてみよう

「早くないですか、なんで私と会いたいの?」

こんなことを聴いたら、

「婚活なんだから会う前提でしょ?」

と反論を食らってしまうと想像してしまいがちですが、それだけで怒る男はまずいませんので、素直に聞いてみて下さい。

ここでキレだすようなら論外、次へ行きましょう。

「趣味とか合うし顔タイプだし」などありきたりな褒め言葉で粘る人が大半でしょう。

すぐ会いたいという男は、

女性の写真と300字以内のプロフィールといった少ない情報だけで発言しているので、所詮深い理由などありません。

まとめ

結論は、やはりすぐ会いたがる人は避けた方が賢明ということになります。

ネットで婚活を行う以上、そのような男性を避けて通ることは難しいでしょう。

ネットよりも確実に真剣な人と結ばれたいのなら、

楽天オーネットの結婚力診断を利用して、貴女に合った男性をサーチしてもらうことが最も効率的でしょう。