結婚・恋愛を他人と比べてしまう…なぜ他人と自分を比較する?もし比べてしまったら?

結婚や恋愛を人と比べていませんか?他人と自分を比べてしまう人は、真に幸せな人間関係を築くのが難しいと感じるでしょう。では、そのような人はどうすればよいのでしょうか。恋愛や結婚で自分を他人と比べてしまう理由と改善方法を紹介します。

結婚や恋愛を他人と比べてしまう…

他人と自分を比べてしまう人は、自分が本当に幸せになれる恋愛や結婚を見つけるのが難しくなります。そんな人どうしたらいいの?

今回は、自分と自分を比べてしまう人の恋愛と結婚について紹介します。

例えばこんな傾向ありませんか?

他人と自分を比べてしまう癖がある人は、親友に恋人がいて「自分には恋人がいない」とコンプレックスを抱えてしまいます。

また、その時は、みんながいいと思う相手を選ぶようにしています。彼だったら、友達に「ナイスガイだ」と言ってもらえるのではないでしょうか?

逆に、恋人がいても、友達から「あの人と付き合ってるの?」と聞かれた日は、恋人への気持ちが冷めてしまうかもしれません。

心を傷つける残念な恋人と付き合っても、周りの友達よりも社会的地位が高い恋人なら、「もっと幸せになればいいのに」と思うことがあります。だから、「恋人との関係を続けようとすることもあります。

このように、自分を他人と比べてしまう人は「自己基準」がないため、恋に落ちたときに他人からどう思われるかを気にしがちです。

結婚においても同じです。周りの友達が結婚し始めると焦り始め、まだ時期じゃなくても「とにかく結婚しなきゃ」と慌てて結婚相手を探し始めます。

相手を選ぶ基準は、一般的に良物件と言われる条件が「良い」ことであり、愛情があまりなくても条件の良い相手と結婚したいという気持ちが強く、「この人」 「結婚したら幸せになれると自分に言い聞かせることもあります。」

結婚後、あなたの家をあなたの周りの人と比較してください。友人の夫の職業、収入、家屋、旅行に連れて行ってくれる回数、子供の有無などを調べると、私の家はより良い。場合によっては安心するのですが、逆に自分が劣っていると恥ずかしくなったり、夫に文句を言ったりすることもあります。

そのような人は、良い恋愛、良い結婚、さらには良い人間関係を築くことができるでしょうか?そうではなく、幸せとはほど遠い日々を過ごしています。

でも、「自分を他人と比べるのは良くない」と言う人が多いことは知っています。でもなんで比較するの?

なんで他人と自分を比較するの?

自分を他人と比較する人は、自分にとっての幸せが何を意味するかを知りません。だから、人と比べて自分の方が優れていると感じたとき、「幸せだ」と自分に言い聞かせます。

でも、そもそも自分と他人を比較しなければ、自分が幸せかどうかわからなければ「本当の幸せな人」にはなれません。あなたが「本当の幸せ者」なら、すでに心が満たされているので、他人と比較する必要はありません。

結局、他人と自分を比べてしまう癖のある人は、幼い頃から「みんなと同じでいい」という日本独自の教育の影響を受けすぎて、考える力、感じる力を持っているのです。自分自身のために。彼らはしばしば力不足です。 「周りの人」が基準なので、それより自分が優れているかどうかでしか幸せを測れません。

また、「自分の人生の正解」を探す癖がないので、みんなと同じ人生を歩んでいることに安心感を覚えます。そのため、世界の平均年収や結婚適齢期などの「平均値」に興味があり、その基準を満たしていない方はコンプレックスを持っているかもしれません。

結局のところ、自分自身を比較する人は、自分自身の価値観を明確に理解していないことがよくあります。そのため、いわゆる「一般的な幸せ」を追い求めがちですが、条件の良い人と恋に落ちたら幸せなのか、それとも結婚​​という制度に従って生きていれば幸せなのか、誰もが疑問に思っています。いいえ、それは人によって異なります。

例えば、一生懸命働きたい女性は家事が得意で主夫になる男性の方がいいかもしれませんし、何歳になっても恋を続けたい女性は結婚しない方が幸せかもしれません。また、恋愛や結婚以外のことに夢中になっている人は、一人暮らしをすることで夢を追えるかもしれません。 「同性の友達と一緒に暮らすのは簡単で楽しい」という人もいるでしょう。

だからこそ、他人と自分を比べてしまう人は「自分の本音を知る」ことが大切です。そうすれば、あなたはより幸せになり、自分らしくいることができます。

では、次に自分と他人を比べてしまったときはどうすればよいでしょうか。

もし自分と他人を比べてしまったら

将来、自分を他人と比較しようとするとき、人は人であり、自分は自分であることを思い出すことが重要です。

そして、そう思えるようになるためには、まずはいろいろなことを経験することが大切です。

たとえば、モテる友達に嫉妬するかもしれません。だったら自分とは違うキャラのフリをしてもいいので、モテる努力をしましょう。でも、実際にモテようとすると「嫌いな人にモテられるのは楽しくない」「フォローされるのが面倒くさい」と思うかもしれません。

また、社会的地位の高い男性と付き合った経験があれば、それが見えるかもしれません。もちろん付き合う相手にもよりますが、そういう人は仕事や人付き合いで忙しくてなかなか会えなかったり、モテて夜は会えなかったり、彼らがあなたをだましているのではないかと心配しています。迷子になる可能性があります。

つまり言いたいことは、どんな状況や環境にも必ず「良いこと」と「悪いこと」があるということです。また、人によって嬉しい「良いこと」と、受け入れられない「悪いこと」は異なります。

だからこそ、さまざまな経験をして、それについてどう思うか、何が心地よく感じるかということで、「自分をよく知る」ことが大切です。

人にはそれぞれ個性や特徴、好みがあるので、多くの人にとって良い環境があなたにとって良いとは限らない。

自分自身をよりよく知り、自分にとって何が重要で、何が自分を幸せにするのかを理解すれば、他人と自分を比較することは無意味であることに気付くでしょう。

また、実際に体験していただくと、相手が優れていても取得・維持することがいかに難しいかがよくわかります。しかしそれがわかれば、羨ましいどころか、「頑張ってるね」と応援する気持ちも湧いてきます。

結局、「向こうの芝生が青く見える」タイプの人は、表面しか見ていないのです。芝生を緑にしたい場合は、肥料を与えて手入れをする必要があります。他人の隠れた苦労を理解せず、自分も努力せずに結果を羨むだけでは意味がありません。

しかし、それを知るためには、何度も言いますが、まずは自分で体験することが大切です。だから、極端な場合、他人と自分を比べたり、せっかちになったり、同じような恋や結婚の経験をしたりすることは悪いことではありません。その結果、「幸せを感じられなかった」としても、それは大切な経験になります。そして、その経験をもとに、自分の幸せを見つけようとします。

「失敗を経験する」ことも大切ですが、失敗を失敗のままにしないためにも、「今の自分は幸せですか?」と常に自問自答してください。 、自分の心の声をきちんと聞くことが大切です。

最悪なのは、他人と自分を比べて、みんなと同じ人生を選ぶことです。そして、「私はまだ幸せな人間だ」と自分に嘘をつき、自分を納得させるために、常に他人と比べて自分の優位性を探し始めます。

幸せな人生を送るために、自分を知り、自分にとって心地よい場所を見つけて生きたい。他人の命じゃなくて自分の命だからどう思う?いつまでも気にしないで、好きなように生きないと損です!恋愛も結婚も「自分の幸せ」をつかみ取りましょう。