地方女は都会で婚活した方が得?遠距離婚の3つのメリットと注意点を紹介

地方で婚活をしている女性の中には、魅力的な男性となかなか出会えないことを嘆いている人もいるかもしれません。田舎の男性にこだわらなくてもいいのなら、ターゲットを都会に住む男性に広げてみませんか?この記事では、地方に住む女性が都会に住む男性をターゲットにして結婚する方法を解説します。

遠距離結婚とは?

そもそも遠距離婚とは、遠くに住んでいる相手をターゲットにして婚活をすることを指します。特に地方に住む女性は、都市部に住む男性をターゲットとしてアプローチすることが多い。デートに行くのにかかる交通費や時間がかかることから、長距離の婚活を避ける女性もいます。しかし、遠距離恋愛にはこれらのデメリットを上回るメリットがあります。例えば、田舎の男性だけをターゲットにすると、かなり候補が絞られてしまいます。農村人口は都市人口よりも明らかに少ない。そもそも男性が少ないと、好みの男性に出会える確率が低くなりがちです。

また、田舎から都会に引っ越してきた男性もいることにも注目しましょう。大学進学などの理由で田舎から都会に引っ越してきた男性は多い。都会で就職を決めた男性は多い。このように、多くの男性と出会うためには、田舎でお見合いをするだけでは十分ではありません。特に地方婚が苦手な方は遠距離婚を検討して男性との出会いを増やしましょう。

遠距離結婚のメリット

首都圏は独身者が多い

人口の多い街ですが、独身男性は何人いますか? 2015年の総務省調査によると、30代の独身男性は東京都で38.2万人、鳥取県で1.3万人。実際、その差は約30倍あることがわかります。たくさんの男性と出会いたいなら、都会の男性もターゲットに入れましょう。また、いくら独身男性がいても、最終的に出会える人数が少ないと、地方でお見合いをするのと変わらないと考える女性もいるかもしれません。ここで注目したいのは、結婚市場の規模です。

都市部の婚活市場は、農村部よりも忙しい。大規模な婚活パーティーが頻繁に開催されるため、短時間で多くの人と出会うことができます。デートのように街を歩きながら行うお見合いや、料理体験ができるお見合いパーティーなど種類も豊富です。参加しやすい数あるパーティーからお選びください。また、婚活をしている女性も多く、都会で婚活をするメリットとも言えます。都会には独身女性がたくさんいます。真剣に婚活に打ち込む女性を目の当たりにすると、モチベーションが上がります。

高収入の人が多い

都会には高収入の男性がたくさんいます。お金重視の婚活をお考えなら、都会に住む男性にアプローチするのが良いでしょう。 2015年の総務省の調査によると、東京などの都市部の男性は、地方の男性よりも年収が高くなっています。例えば、男性の平均年収は東京で約600万円、沖縄では約400万円。その差額は実に10万円以上。また、都市部は地方に比べて物価や家賃が高くなる傾向にあります。つまり、都市に住むことができる人は、十分な収入があると見なすことができます。具体的な年収情報がわからなくても、都市部に住むだけである程度の収入は期待できます。

遠距離結婚は大きなハンディキャップ

都会の男性をターゲットにすることで、出会いの選択肢が増え、高収入の男性と出会える可能性が高まるというメリットがあります。しかし、遠距離婚活は地方の女性にとって大きなハンディキャップでもあります。男性から見れば、近くで会える女性よりも遠くに住む女性を選ぶメリットは少ないと言えます。また、実際に会える回数という点では、都市部に住む女性の方が地方に比べて有利であると考えられます。

遠距離恋愛で気をつけたいこと

田舎の女性が遠距離恋愛をしようとすると、必ず距離のハンディキャップがあります。遠距離恋愛を成功させるには、慎重な計画が必要です。そこで、男性が結婚したいと思うように、遠距離婚活で気をつけるべきことを解説します。

私から会いに行きます

遠距離恋愛の場合は、積極的に都会に出てみてください。都会は女性が多いので、田舎にわざわざ出掛けなくても男性は感じにくいですよね。

一度に複数の人に会う

遠距離恋愛では、一度の遠征で複数の男性をマッチングさせることが重要です。遠距離結婚はお金がかかる。交通費を節約したとしても、何回も往復するのは難しいでしょう。その点、1回の遠征で複数の男性と出会うと効率よくマッチングできます。貯めたお金はデートや自分磨きに使えます。複数の男性と出会うには計画が重要です。時間と場所をうまく調整して、限られた時間を有効に使いましょう。結婚目的で東京に来ていること、複数の男性と会う予定があることをパートナーに伝えると、計画が進みやすくなります。結婚している間、あなたのパートナーはおそらく多くの女性と出会うでしょう。分け隔てなく伝えても問題ないと思われます。

遠距離恋愛は、時間に余裕があれば余裕を持って計画を立てることができます。その日家に帰るときは、いつ家に帰れるかいつも心配しています。東京で一晩滞在する場合は、ある程度柔軟に日付を調整できるはずです.

相手に重い思いをさせない

ポジティブな考えは遠距離恋愛の鍵です。しかし、やり方を間違えると男性にモテません。確かに都会の女性と同じくらい競争力のあるアプローチが必要ですが、男性に負担を感じさせないように注意する必要があります。例えば日程に関しては、交通費や日程調整が大変です。優しくて思いやりのある男性は、女性の負担をより気にかけます。また、女性の頑張りに向き合うのが面倒だと感じる男性もいるかもしれません。どんな恋愛関係でもそうですが、相手を「重い」と感じさせないようにしましょう。彼に会いに行くたびに、「出張がある」「好きなアーティストのコンサートがある」など、他の予定があることを彼に伝える必要があります。理由が嘘でも構いません。また、男性にもよりますが、たまには途中で会うなど、デートの場所を変えてみるのもいいかもしれません。

柔軟な連絡方法

遠距離恋愛では、実際に会う回数が限られているため、連絡を取り合うことが重要です。繰り返しますが、重く感じないように注意する必要があります。会えないのではないかと恐れて、ついつい連絡をしてしまう女性もいますが、頻度や内容には気をつけましょう。コミュニケーションは電話だけでなく、LINEやメールなど複数のツールを組み合わせると効果的です。遠距離では、相手の状況がわかりにくい場合があります。電話をかけても、タイミングが合わないことも多々あります。

その点、LINEやメールなら空いた時間にチェックできるので、お互いに負担が少ないと思います。コミュニケーションをとるとき、一方的なメッセージを送るのはよくありません。仕事などで連絡が取れないとき、複数のメールが届くのは面倒だと感じる人もいるでしょう。また、時間があっても意味のないやり取りを嫌う男性もいます。

そのため、メッセージは短くしてください。内容が一瞬で理解できると、よりテンポよく返信でき、コミュニケーションが進みます。また、メッセージの内容にもご注意ください。関係が浅い場合は、相手のプライバシーを侵害するコンテンツを送信しないでください。また、「寂しい」「心配だ」などのネガティブなメッセージもよくありません。会えなくても気持ちよく過ごせるように、楽しく前向きに連絡を取り合いましょう。

1回のデートを大切にする

遠距離恋愛では頻繁なデートは許されません。各日付を尊重して扱います。相手と時間を過ごすことが目的だと思っている人もいるので、細かい計画は必要ありません。しかし、でたらめなデートは失敗の可能性を高めます。たとえば、レストランが満席の場合や、屋外でのデートに天候が悪い場合などです。そんな時は、しっかりと計画を立てておけば、スムーズに計画を変更できます。

また、デートがうまくいかなくても、近くに住んでいれば、次のデートで挽回できます。ただし遠距離だとピリオドが見えてしまいます。大切なデートが思い出に残るものとなるよう、綿密な計画を立ててください。

まとめ

遠距離恋愛は、多くの男性と出会うことができます。あなたに合った男性や高収入の男性と出会えるチャンスが増えます。一方で、遠距離結婚には距離などの問題もあります。一度の遠征で出会う男性の数を増やし、遠距離でも良好な関係を築く努力をすることで、婚活を成功させましょう。地元で結婚したい男性が見つからないなら、一度遠距離婚を考えてみませんか?