恋愛で傷つかない方法6つ!常に準備しておく必要があります

誰も傷つけない愛なんてない、とよく言われますが、恋愛で不必要に傷つくのは避けたいものです。ちょっと工夫が必要そうです。そこで今回は、女性が恋愛で傷つかないためにできることをまとめました。

1.適度な距離を保つ

「パートナーを束縛せず適度な距離を保つ」

「彼氏のSNS、携帯は絶対に見るな」

好きな男性とのお出かけでも、踏んではいけないラインを認識することで過度な干渉を避けることができます。できればパートナーのプライバシーを尊重したい。干渉しすぎると、パートナーと自分の両方を傷つける可能性があります。

2. 愛以外の情熱を探す

「熱中しすぎないで。恋愛以外の楽しいことをたくさん見つける」

「他のことに夢中になって自信がつく。恋愛以外に熱中できること、自慢できること、頼れることがあれば、それだけで幸せになれる」

彼のことばかり考えていては、他のことを忘れてしまいますが、恋愛以外にも楽しいことがたくさんあることを忘れないでください。

うまくいかないときの逃げ場を作るのも大事!

3. 自分に合ったパートナーを探す

「自分の性格と合う人と付き合う。合っていないと別れやすいし、誰と付き合っても傷つく。」

「無理をせず、自分に正直に」

どんなに好きな人でも、その人と相性がいいとは限りません。互換性は、長期的な関係において重要な要素です。背伸びせず、自分らしくいられる人を選ぶことが大切です。無理矢理付き合ってもあまりいい結末は望めません。

4. 事前に期待を下げておく

「パートナーに過大な期待をするな。悪いことを予想していれば、傷つくことはない」

「あまり期待していません。最悪の事態を想定しよう」

恋に落ちると、夢が膨らみ、彼への期待が大きくなります。しかし、すべてが実現するわけではありません。時には現実を受け入れなければなりません。期待しすぎるので、そのギャップは痛いです。

5. 保険に入る

「いつか恋が終わってしまうことを想定し、逃げられる環境を作っていきます」

「いつも2番目に好きな人を見つけて、それを保険や心の支えにしよう」

この方法は賛否両論あるかもしれませんが、痛くない究極の方法かもしれません。この恋がうまくいかなくても、次があると思えば迷わず前に進めそうです。しかし、不当な考えはパートナーに見抜かれます。彼が同じことをしても、何も言えません。

6. 他人を傷つけないようにする

「自分を守るためには、パートナーを傷つけないことが必要」

「人への思いやりを忘れません」

本当に傷つきたくないのなら、まずはパートナーを傷つけないようにすることが大切です。彼が傷つけたくない思いやりのある女性になりたいですね。

まとめ

このようにして、自分を傷つける前に保護ラインを張ることができます.傷ついても浅いもので、前を向いて次の恋に挑めるかもしれません。どんなに彼が好きでも、自分を大切にすることを忘れずに、実りある愛にしてください。