結婚カウンセラーの仕事内容!○○な人は向いている?心理・占いとの違いも解説

結婚の意思はあってもまだ会っていない、結婚相手がなかなか見つからない、自分から積極的にデート相手を探すのが苦手な方も多いのではないでしょうか。 そのため、少子化や晩婚化が懸念される中、結婚相談所の仕事が注目されています。 結婚相談所は、人と人を結び、幸せになれるとてもやりがいのある仕事です。 とはいえ、具体的にどうすればいいのか、どんな仕事をしているのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 結婚相談所を経営したいのなら、まずは仕事の性質や職業の性質を理解することが大切です。 次に、あなたの適合性を確認してください。

結婚カウンセラーの仕事内容

婚活カウンセラーが、結婚を希望するお客様の結婚相手を探し、お見合いから成婚までをサポートします。まずはお客様になっていただける会員の獲得を目指します。真剣に結婚を考えている人や真剣に出会いたい人が集まることで成婚率が上がり、選択肢が広がることで相性の良い人と出会える確率も上がります。そのため、集客力を高めるためにはWebサイトの作成や会員の管理、集客が必要となるため、ある程度のパソコンスキルが求められます。 SNSは情報発信のツールとしても非常に役立ちます。

結婚カウンセラーとして、クライアントとの信頼関係を築くことは非常に重要です。入会時の説明やカウンセリングではリラックスできる環境を作り、結婚相手への希望や不安を正直に話せる関係を目指します。出会いの方法としては、会員が自分で希望する相手を選ぶ場合と、結婚カウンセラーが相性を判断して紹介する場合があります。いずれの場合も、お二人の関係が発展するよう見守り、専門的なアドバイスやサポートを様々な形でご提供いたします。これには、デートのマナー、会話力の向上、および禁止事項が含まれます。時には叱り、時には励まし、お客様を成婚へと導くのが結婚カウンセラーの使命です。今までの経験が活かせるのでやりがいがあります。

一般の心理カウンセラーや占い師との違い

結婚相談所の「カウンセラー」というと、心理カウンセラーや占い師のようなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

心理カウンセラー

就職に必要な資格はありますか?心理カウンセラーには、場所や悩みによっていくつかの種類があります。臨床心理士やスクールカウンセラーなどが有名。臨床心理士は国家資格ではなく私立で、文部科学省が認定する日本臨床心理士会認定の資格を取得した者に限られます。また、臨床心理士になるためには、日本臨床心理士資格協会が定める大学院課程を修了する必要があるため、資格取得までに最低8年はかかります。学ぶ必要があります。決められたプロセスを経て初めて取得できるため、非常に難しい資格です。臨床心理士免許を取得すれば、医療機関や官公庁で働くことができ、公立学校のスクールカウンセラーになることもできます。他にも民間資格はありますが、大学の心理学部での学習実績など一定の条件が必要な場合が多いのが特徴です。

占い師

占い師、風水師、占星術師を修行する人の総称です。古代邪馬台国の女王、卑弥呼は占いを行う巫女だったと言われています。 .もともと占いは、さまざまな悩みに対して結果を伝えて解決策や対策をアドバイスするというスタンスを取ることが多く、現代ではカウンセリングを取り入れている占い師も増えています。しかし、カウンセリングはクライエント自身が答えを導き出す一方で、クライエント自身が解決・決断できない問題には、見えない運命のようなものに原因があると言われています。それには多くの方法があります。

心理カウンセラーと占い師は、相手の相談と一緒にクライエントの悩みを解決するためのアドバイスをするという共通点があります。しかし、結婚カウンセラーは結婚や異性との出会いに特化した仕事です。場合によっては、人生の相談や悩みの相談もあるかもしれません。メンバーとの良好な関係を築くことも重要です。

結婚相談所に向いている人ってどんな人?

結婚相談所は、人との関わりが深い職業であるため、高いコミュニケーション能力が求められる仕事です。結婚相談所で働くことも可能ですが、さらに一歩進んで自分の結婚相談所を開業したり、副業にしたいという方も多いと思います。結婚相談所の条件の一つは、できるだけ多くの人脈を持っている人です。まずは自分の周りを見てみましょう。身の回りに独身の友人知人が多い場合、身近なところから結婚のアドバイスができます。すでに相談者と信頼関係を築いている場合は、相談者の趣味や人柄をよく理解しているため、比較的スムーズにアドバイスを行うことができます。会社を持っていて、個人の顧客が多い人も有利です。

続いて、専業主婦の方、定年退職後に副業を考えている方、副業に興味のある方です。結婚相談所の仕事は必ずしも店舗を必要とせず、パソコンさえあれば自宅で始められる仕事です。家賃などの固定費がかからないため、開業リスクが低く、副業として人気を集めています。いずれにせよ、お金を稼ぐためだけに働くのではなく、人や仲間の役に立ちたいと思う人であることが大切です。結婚するまでに何度もパートナーを変える人や、自分に自信が持てずに最初の一歩を踏み出せない人もたくさんいます。一緒に人生を支えてくれるパートナーを選ぶお手伝いができる喜びを感じられないとつまらないですよね。結婚相談所の天職は、男女問わず、人と接することが好きで、人の幸せを心から喜ぶ、おせっかいな人です。

まとめ

結婚カウンセラーは、実務に特別な国家資格や民間資格を必要としません。結婚カウンセラーとして働きたいという願望と、他の人を助けたいという意欲があれば、それは可能です。しかし、結婚相談所として人脈を広げて生計を立てたい、他の結婚相談所よりも有利に働きたいと考えている場合、独学では限界があります。結婚相談所を軌道に乗せ、結婚相談所として活躍するためには、結婚相談所経営の知識や顧客管理スキル、出会いから結婚までのカウンセラーとしてのノウハウが必要です。

そのためには、資格取得の勉強や婚活アテンダント講座への積極的な参加などを通じて、婚活カウンセラーとしての知識と技術を高めていく必要があります。また、結婚相談所の運営にはインターネットツールが欠かせませんので、円滑な運営のためにはパソコンスキルの向上や魅力的なホームページ作りが欠かせません。今後の経営を考えると、パソコンの操作方法や効果的な集客方法、相談室サイトの使い方など、パソコンに関するレクチャーを受けるとよいでしょう。そこから人脈が生まれ、今後の仕事に生かすことができます。結婚相談所として、人のつながりを増やすことも必要です。教室をネットワーキングの一形態と考え、参加しながら楽しみましょう。