35歳美人独身でも結婚できない…やっぱり若さが重要?モテない理由とは

女性が30代になると、結婚して定住する女性が増えます。

そんな中、30代女性の多くは、結婚を焦って結婚に苦戦しています。

特に35歳を迎え、30代後半に近づくと焦りがピークに達し、結婚までの距離がさらに長くなります。

また、35歳を過ぎると、美人でもモテなくなる可能性は十分にあります。

若い頃は容姿が良ければ男性が寄ってきますが、年齢を重ねるにつれ、容姿以外の要素も重要になってきます。

そこで今回は、35歳の美人が婚活に失敗する理由を徹底解説します。 美人だから結婚はうまくいくはずだと思っている人は、この記事を読んで考えを変えてください。

35歳の美人が結婚! 物事がうまくいかず、苦労する「悲しい」理由とは…

35歳の美人は結婚しようとしてもうまくいかないことが多い。

多くの人は、彼女が美人ならすぐに結婚できると思っています。

前提として、30代半ば以降の女性が結婚できる確率は圧倒的に低い。
国税調査「日本の長期統計シリーズ」によると、30~34歳で結婚した人の割合は31.3%、35~39歳で結婚した人の割合は衝撃的な結果でした。

30代後半で結婚できる女性は10人に1人。

この結果からも、30代女性の結婚の難しさがうかがえます。

また、女性は美人ほど自信があり、相手への期待も高くなる傾向にあります。

いい相手に出会えても、もっと条件の合う相手が見つかるはずだと言い続けている結果、年を重ねるごとにモテなくなっていくのです。

30代前半ならまだ可能性は高いですが、30代後半になると結婚までの道のりはとても長いです。

美人が結婚に苦労するのは男のせい?

35歳の美しい女性が結婚しようとすると、うまくいかないことはすべて男性のせいにする人もいます.

「私と同じくらい美しい男を見つけないと気が済まない」と、自分は悪くないかのように解釈します.

ただし、若いうちは男性からの需要が高いため、そんな言い訳を許してしまう男性もいますが、30歳を過ぎると結婚できない大きな理由の1つになるので注意が必要です。

自分のせいで結婚生活がうまくいかないのなら、他人のせいにしても自分の悪い点は改善できません。

婚活では、自分を知り、自分を磨くことで幸せな結婚生活を手に入れることができるため、自分を知らないという行為が婚活市場で人気がない理由の1つです。

見た目に自信のない女性でも、本当の幸せを見つけて結婚すれば、より幸せな生活を送ることができます。

35歳の美女が婚活で苦労しないためにも、男性を責めるのではなく、自分の悪いところを明確にして改善していきましょう。

むしろ、美人が結婚しないのは当たり前?人気がない理由は何?

35歳の美人でもなかなか結婚できないのには明確な理由がある。

多くの美しい女性は若い頃から男性にからかわれながら生きてきたので、美しさは一生使える武器だと誤解している人が多い.

自分の勘違いがきっかけで、年を重ねても若い頃の気持ちを忘れられず、夢中になってしまうと思い込み、婚活にも奔走する。

既婚男性は見た目だけで他人を判断しません。

一緒にいて心地いいか、話していて楽しいか、相手との結婚生活をイメージできるかなどを重視しています。

美人であれば第一印象は良いですが、美人を鼻にかける女性はモテません。

また、美人だから最低条件は相手の年収1000万円以上という人もいます。

若いうちなら、好条件の男性からアプローチされる機会は多いのですが、30代半ばになっても、このような考え方だとなかなかお見合いをすることができません。努力して磨くことで相手の内面を見る目を養い、条件よりも内面を重視した相手選びで幸せな結婚生活の扉を開きましょう。

これらの理由から、多くの35歳の美人はいまだに未婚です。

キレイな女性でもこうならないように、自分を知ることを大切にしましょう!

まとめ

35歳以上の美しい女性でも、結婚を正しく進めないと苦労し、結果的にモテない女性になってしまいます。

そうならないためにも、自分が美しいというプライドを捨てて、周りの人に相談してみるのもいいでしょう。

第三者目線でのアドバイスがもらえるので、自分の欠点に気づくことができます。

また、どうしても結婚したいのであれば、結婚相談所の利用をおすすめします。

結婚相談所では、結婚に関する悩みを相談できるので、結婚の大きなヒントが得られます。