あなたは大丈夫?28歳でおばさんと言われる女の特徴4選

いくつになっても美しい女性もいれば、歳を重ねるごとに「おばさん」になってしまう女性もいます。

「美人でも『おばさん認定』の基準とは?」 男性が「おばさんだな」と思うポイントをまとめてみました。

ここで注意してください!あなたが「おばさん」だと思う特徴は何ですか?

1. 28歳でコミュニケーション能力が低い

「男にからかわれた美女は、相手に接待されるのが当たり前の人生を送ってきたでしょ?

彼らと一緒にいるのは楽しくないし、世話をしなければならないので疲れます。先日、憧れのサークルの同窓生と食事に行って気づいた。年を重ねるとコミュニケーション能力の低いただの『おばさん』になってしまう」(22歳・男子学生)

美しい女性が男性に接するのは当然です。積極的にコミュニケーションをとったり、他人を気遣ったりすることが苦手なようです。

そのため、美しさが衰え始める老婆になると、いつも消極的で一緒にいるのがつまらない。もっと周りを見渡して振舞わないと、同性でもビックリしてしまうかも…。

2. 28歳でプライド高そう

「若い頃はモテるのが自慢だったし、美人の上司も自慢だった。同じ発言を繰り返すので対応が面倒…。

どんなに美人でもモテ続けるおばさんを見るのはもったいないと思います」(26歳/男性/IT系)

どんなに美人でもモテた記憶がある女性は、中身がドロドロだと「おばさん」として認識されてしまうそうです。

「おばさんだから」とか「○○と付き合ってた」とか過去の栄光に頼るのはやめて、現実と向き合いましょう。プライドが高すぎると、異性に迷惑をかけるだけです。

3. 28歳で誤解が多い

「職場の休憩室で、事務所の一緒に座っていた若手社員の「○○さんみたいになりたい」「美人だから惹かれる」と話すと、思わず苦笑い。 .いまだに自分が一番可愛いと思っている誤解された女性です」(27歳/男性/メーカー)

いつまでも若い世代と競争しているおばさんは可哀想です。メイクもファッションも恋愛も行動も、何もかもが一番になれないと言うのは未熟です。

男性は意外と厳しいものです。自信満々に「まだイケる」と繰り返していたら、おばあさんになってしまう。より落ち着いた年齢相応の美しさを目指しましょう。

4.28歳で他人に厳しい

デート代は男性が払うし、誕生日に豪華なプレゼントをもらうのは当たり前。

よく見ると、身に着けている洋服やアクセサリーが高く、グルメ情報も高い。さらに、彼女は他人に特定のことを要求する傾向があります。正直、年上の美人に憧れていて、何回かデートしたんですけど、財布が追いつかなくて断念しました(笑)」(24歳男性/金融)

男性に食事をごちそうし、高価な贈り物を受け取る。経済的にゆとりのある生活を送ってきた美女は、「いいもの」に囲まれている。そのため周囲と感覚が若干ズレており、相手にも高い基準を求めているようだ。

しかし、これは男性に多くのプレッシャーとストレスを与えます!どんなに美人でも、お金をかけて付き合う女性は「おばさん度」が上がる傾向にあります。彼女に安易な要求をする必要はありませんが、自分の価値観を彼女に押し付けることは避けたいと思うかもしれません。

まとめ

この他にも、「髪が傷んでボサボサ」「ほうれい線が目立つ」「地味なファッション」など、容姿から「おばさん」と思われることも。

おばさんにならないためには、「内」と「外」の両方に気を配る必要があります。 今回ご紹介したポイントに心当たりがある方は、今すぐ言動を活性化させましょう!