28歳男のデート代は平均いくら?男女の違いや節約方法を紹介

28歳の大人 1回のデートの平均費用は?

世界の平均的な28歳のカップルが 1 回のデートに支払う金額は?

詳しく見てみましょう。

平均5000円くらい

リクルートブライダル総研が2017年に20代~40代の交際経験のある男女を対象に行った調査によると、1日あたりの平均支払額は1人あたり4473.3円。

これは、週に1回デートをするカップルで、月に約20,000円かかる計算です。

2014年の同調査によると、平均デート料金は6070.9円。

このデート代は、生活に欠かせないとは言えない費用であるため、経済や個人の価値観に直結すると言えます。

収入に見合っている必要があります

1日あたりの平均費用は約5000円ですが、これはあくまでも平均的な金額であり、すべての人に当てはまるわけではありません。

これは、その人の収入によってデートに使える金額の大きさが異なるためです。

年収800万円の人が5000円と、年収300万円の人が5000円では、体感価値に大きな差があります。

特に社会経験の多くない28歳は、一般的に年収はそれほど高くありません。そのため、デートの費用を負担に感じがちです。

実際にデートにかかる費用を考える場合は、5000円を目安に自分の年収から計算するのがおすすめです。

自分に合った交際費を考える際の参考として、男女別の平均値を確認しておきましょう。

男性の平均は6,500円前後です。

上記の調査によると、男性が1回のデートで支払う平均金額は6411.4円です。

男女合わせた平均額が約5000円だったことを考えると、デートでは男性の方が多めに支払うケースが多いと言えます。

しかし、28歳の男性にとって、その負担は決して小さくありません。

ある意味、「大好きな恋人とたくさんデートしたい」「経済的に苦しいけど彼女には知られたくない」というジレンマに悩む男性が多いのは当然です。それは正しい。

女性の平均は2500円以下

男性の平均デート料金は約6,500円、女性の平均デート料金は2,420円です。

男女で約4,000円の差があるので、デートでは男性の方がお金を払う傾向があると言えます。

もちろん、この数字はあくまでも平均値であり、「あるべき」スタイルを示すものではありません。

カップルの年齢や価値観によってデート費用の割合が変わってくるのは当然のことと言えます。

財布とお金の現実

1回のデートに必要な金額は、カップルの状況によって大きく異なります。

その中でも特に高額とされる遠距離恋愛に必要な交際費の詳細をチェックしておきましょう。

平均3万円~5万円
株式会社DeNAトラベル調べによると、遠距離恋愛に必要な月額デート代は3万円~5万円。

これは遠距離恋愛ならではの事情によるものと言え、お互いの距離が離れることで必然的に交通費がかさみます。

また、同居している場合は、会うたびに宿泊費が必要になることが多く、必然的に経済的負担が大きくなります。

お互いに会いたくても、費用の関係で会う回数を制限するカップルも少なくありません。

海外では10万円を超えることもあります。

遠距離恋愛の事情だけでなく、2人を隔てる距離の長さはカップルによって異なります。

特に、片方が海外など遠距離のカップルの場合、距離に比例して交通費がかさみ、デート代が10万円を超えることも珍しくありません。

そんなときは、対面での打ち合わせに固執するのではなく、ビデオ通話やメールなどをうまく活用することが円満な関係を築くコツと言えます。

特別なイベント

恋人とデートするとき、どんなタイミングでお金がかかると思いますか?詳しく見てみましょう。

恋人の誕生日

恋愛関係でお金を使うとなると、まず頭に浮かぶのは恋人の誕生日です。

年に一度の誕生日は、大切な恋人がこの世に誕生した特別な記念日。

普段はイベントにあまり興味がない人でも、この日は思い切ってプレゼントを用意するのが一般的です。

また、誕生日という特殊性から、主人公への期待も高くなりがちです。

恋人の期待に応えたい、幸せになってほしいから、思わずお金を使ってしまう傾向があります。

クリスマス

クリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなどのロマンチックなイベントは、いつもよりお金を使う時期でもあります。

これらのイベントの間、恋人と一緒に過ごすことで、あなたはより親密になります。

ただし、プレゼントを用意したり、雰囲気の良いやや高級なレストランを予約したりするなど、通常よりも費用が高くなることがよくあります。

恋人がいると楽しみは倍増しますが、同時に経済的な負担も大きくなります。

旅行

行き先にもよりますが、旅行はお金がかかるデートの1つです。

旅費、宿泊費、食費、入園料、入園料、お土産など。 恋人との旅行の爽快感から散財しやすい。

ただし、旅行先や現地でのプランはお二人で相談の上、自由に決めることができます。

旅行の計画を立てる際に、どこで何をするかを明確にし、お互いに負担にならないよう工夫することで、無理なく楽しい旅行デートを楽しむことができます。

デート代は男性が払う?割り勘?

デートの際、費用を誰が負担するのか気になるカップルも多いのではないでしょうか。

一般的な傾向と推奨事項を確認してください。

相手への配慮が重要

平均的なデート料金の男女差からもわかるように、「デート料金は男性が負担すべき」という価値観が現代社会では根強く残っています。

しかし、男女平等が広く浸透しつつある今日は、そんな古い価値観が大きく変わるタイミングでもあります。

実際、自分だけが負担するのはもったいないと感じる男性もいれば、自分も働いているから自分で負担したいという女性もいます。

普段は男性が率先して支払う場合でも、場合によっては女性に割り勘を勧めるなど、お互いを思いやる姿勢が大切なようです。

独り言を言ってみる

交際費の負担についてお互いに不満を持ちながらも声を上げないカップルも少なくありません。

しかし、その不満の本質は、実はお互いのちょっとした誤解から生じている場合が意外と多いのです。

例えば、男性は自分だけが負担だと感じているのに対し、恋人である女性は「​​自分で払いたいけど、プライドはあると思う」とあえて現状を受け入れる。は珍しくありません。

相手の言動に違和感を覚えたら、黙って不満を溜め込むのではなく、話し合いを通じてお互いの価値観をすり合わせるところから始めることをおすすめします。

デートでお金を節約する方法

「大好きな彼女とたくさんデートしたいけど、経済的に苦しい…」このような場合はどうすればよいですか?

デートでお金を節約して一緒に時間を楽しむためのおすすめの方法をいくつかご紹介します。

ピクニック

お金をかけずにデートを楽しむ方法として、まずやってみたいのが公園でのピクニックデート。

自然豊かな豊かな公園で風と植物の香りを楽しみながら大切な人と過ごす時間は、きっとお金に代えられない幸せと充実感をもたらしてくれるでしょう。

また、実際にピクニックデートをするときは、腕をふるって手作り弁当を用意するのもおすすめです。

女性が作ったものを2人で食べるというスタンダードなスタイルに加え、2人で作ったお弁当を新鮮な食べ方で楽しむこともできます。

いつまでも心に残る素敵な思い出になること間違いなしです。

たまには家デート

お金を節約したいカップルにとって、外出せずにお互いの家でくつろぐのもひとつの選択肢です。

おうちデートって盛り上がらないかも?と思う方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

映画を見たり、ゲームをしたり、料理をしたりと、家デートの楽しみ方はさまざま。

また、人目を気にすることがないため、いつでもスキンシップが取れるのもおうちデートの大きなメリットと言えます。

デートといえば出かけるという固定観念にとらわれず、いろいろな楽しみ方を試してみるのも、お互いの絆を深めるための大切なステップです。

まとめ

20代の男女が1回のデートで支払う平均金額は約5,000円ですが、男性は約6,500円、女性は2,500円未満です。

個人の年収や環境によってフリーマネーの金額は変わってくるので、お互いを思いやる心を忘れず、話し合って価値観をすり合わせていく必要があります。

デートでお金を節約したい場合は、公園デートや家デートなどのオプションを検討することをお勧めします。

いろいろな方法を試しながら、無理なく楽しめる充実したデートを実現しましょう。