年収100万~200万の低収入な男の婚活~結婚までの道~

 

30才男性

30才男性
地方の観光地で働いております。

今年で30代に入りますが年収は150万です。

まわりの人間も大体こんなもんです。

30代男性の平均年収は300なんぼってよく聞きますが、

私の住んでいる地域でそんな人いたら高給とりかと思われます。

世の中私のように、

年収300万には程遠い生活をしている20代後半から40代くらいまでの人間って、山程いると思うのですが。(特に田舎)

その中でも、素敵な奥さんと結婚に成功している人だって沢山いると思います。

低収入でも、結婚できる人とできない人の差って何だと思いますか??

 

定収入でも結婚したい人の婚活

ロビ男

ロビ男
確かに、非常に興味深い質問をありがとうございます!

その差の背景には、お金に対する価値観があると思います。

では、実際にどのくらい多くの人が低所得なのかデータを見てみましょう。

 

厚生労働省の調査によると、日本人男性の15歳~44歳で年収200万未満の人口は、

約227万人
女性に関しては約689万人

出典:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/02/dl/s0205-8a_3.pdf

ジュリ子

ジュリ子
227万人って?一見すると、とても多い気がするんだけど。

考えてみたら、15歳~44歳の日本人男性の人口が約2300万人だし、

18歳未満は結婚できないから対象外と考えたら、

年収200万円以下の男性って、たったの1割以下じゃないですか?

 

ロビ男

ロビ男
固定したデータはないけど
2300万人の中には、

  • 【働かない人】
  • 【働けない人】

の数も
常に数十万から100万人以上いるので、

18歳以上の有職者に限定したら、実質2~3割くらいになりますよ。

 

100万~200万って本当に低所得?

東京や大阪などの都市部に住んでいる方からしてみれば、

アルバイトだけでも年収250万は平気で超えられますから明らかに低所得です。

しかし
インターネット情報は、都会の人たちのだけの価値観が全てではありません。

質問者様もおっしゃっていたように、

地方によっては、30歳前後の平均年収が300万未満の地域は沢山あります。

日本全体のザックリした情報が行きかうネットの世界では、

どうしても地域によって温度差が生まれてしまいがちです。

なので、他人の価値観に振り回されず、あなたと価値観の似た女性と出会うことが出来れば、

年収200万未満の男性でも十分チャンスはあるといえるでしょう。

スポンサーリンク

ピッタリな婚活サービスは

結婚相談所はもちろん、婚活サイトでも、お見合いパーティーも、

ほとんどの婚活サービスは、利用するにあたって、年齢を明らかにする必要がありますね。

私たち男性は、こうして明らかになった女性の年齢が判断基準の1つになっています。

逆に、
婚活サービスに申し込む女性の場合。

男性の年齢はもちろん、年収の方も重要視してチェックしています。

よって年収200万未満の男性が不人気なのは、言うまでもありませんが。

低所得であっても、あなたが働いていることは事実ですし、結婚は難しいと諦める必要もないです。

世間はそこまで鬼ではありません。

ではどうしたらいいか..

まずは
女性と出会わないからには何も始まりません。

 

【年収を開示する前にあなた自身について知ってもらう】

 

そもそも、
自然な恋愛ってはじめに稼ぎの話なんてしませんよね?

一般的な婚活サービスは、近いうちの結婚を視野に入れた男女の為のサービスですから、

出会う前からプロフィールの情報だけで良し悪しを決めてしまいます。

ではどんな方法なら、
あなたの稼ぎ以外の魅力を女性に伝えられるのか?

  1. 婚活バスツアー
  2. 趣味コン
  3. 合コン

この3つのサービスの共通点は、長時間会話ができるということ。

 

おすすめの趣味コンやバスツアーはコチラ>>

 

年収だけで決めつけられては御免。

『人間らしくフィーリングや直感でパートナーを選ぶべき』

という思想の女性に出会えるかもしれません。

『最低限でもお金を稼いで健康で生きているだけ十分幸せ』

このように、一緒に感じられるパートナーを見つけられるよう、

あきらめずに前向きに考えていってください。